突然のお引越し、そんな時に活躍するのが賃貸物件です。

賃貸住宅のリフォームについて

突然のお引越し、そんな時に活躍するのが賃貸物件です。 賃貸住宅は好きなよういリフォームできない、という点がひとつの短所です。他人の所有物である以上、これは仕方がないことです。しかし入居者にしてみれば、毎日長時間過ごす我が家ですから、自分流にアレンジしたくなる気持ちも分かります。カーテンの色を替えたり、家具の配置を替えたり、といった簡単な模様替えではなく、壁紙の張り替え、壁への家具の取り付け等、もう少し本格的なプチリフォームをしたいと思う人もいることでしょう。リフォーム業者を呼んでの本格的な改装はもちろん難しいですが、家主さんの了解さえ取れれば、壁紙の張り替えといったリフォームも可能です。

リフォームは部屋を居心地良くしたり、綺麗にするために行うものです。基本的に賃貸の家主さんは部屋を汚されるのは嫌いですが、綺麗にされるのは喜びます。何でもかんでもダメだとは言わないはずですので、相談してみると良いと思います。但し壁紙が奇抜な色にすると、退去時には元の色に戻すよう条件を付けられる可能性が高いでしょう。賃貸住宅は、他人に借りてくれなければ商売になりませんから、個性的な内装よりも万人受けする内装にしておくものです。ノーマルカラーであれば、そのままで良いかもしれません。取付家具等も、それがあることで物件の価値が上がるようであれば、原状回復義務はないでしょう。